港湾インセンティブ・プログラム

港湾・ターミナルでは、排出量のベンチマーク比較や環境インセンティブ・プログラムを通してよりクリーンな環境の実現を目指しており、そうした取り組みの中でGHG(温室効果ガス)レーティングを活用しています。

Read More

地球温暖化と海面上昇の影響を文字通り最前線で目の当たりにしている各地の港湾当局は、CO2排出量がもたらす変化への関心を高めています。

カナダのバンクーバー港やプリンス・ルパート港などの先進的な港湾当局では現在、RightShipのGHGレーティングを利用して、よりエネルギー/環境効率に優れた船舶へのインセンティブを提供しており、こうしたプログラムの導入がもたらす様々なメリットにも熱心に目を向けています。

主なメリット

Read More
  • 船隻の寄港毎の排出量をベンチマーク比較して、追跡管理する能力も手にすることで、排出量のベースラインを策定し、全般的な排出量削減目標の設定に貢献
  • 全体的なCO2排出量を維持もしくは削減しつつ、貨物処理量(スループット)を伸ばすことも可能に
  • 港湾周辺エリアおよび航海全体での排出量の削減
  • 排出量削減により、地元住民にも健康メリットが
  • ステークホルダーとの関係改善により、地元コミュニティおよび海事業界全般における強固な社会資本の構築

バンクーバー港とプリンス・ルパート港はそれぞれのインセンティブ・プログラムにより、この分野でのリーダーとしての地位を確立し、昨今広がりを見せている排出量とエネルギー効率をより強く意識するという世界的な動きを先導しています。

また、こうした取り組みが港湾にもたらした大々的かつ好意的なメディア報道は、当初予期しなかったポジティブな副産物であり、海運産業における持続可能性を推進するための両港の努力が広く認識されることとなりました。たとえば、欧州委員会の港湾インフラ使用料についての報告書なども、これにあたります。

「RightShipのGHG排出量レーティングを活用して、さらなるエネルギー効率改善と持続可能性の実現に向けた海運業界全体での活動を自分たちが先導していることは、誇らしく思っています。2014年の「グリーン・ウェーブ 船舶インセンティブ・プログラム」立ち上げ当初から、RightShipは模範となるような適格な測定ツールとして、用船者や船主の皆さんがプリンス・ルパート港の港湾使用料の大幅ディスカウントというメリットを享受することを可能にしてきました。RightShipとのパートナーシップにおいて弊社が受けてきたサポートは、私たちが導入したこのプログラムの成功には欠かせないものでした。私たちの環境面での優れたパフォーマンスに対する各方面からの評価は、世界の海事産業における同様な取り組みを後押ししています。」

プリンス・ルパート港湾局 社長 兼CEO ドン・クルーセル様