RightShipの使命

海事業界における安全性の向上と
環境面での持続可能性の改善

RightShipは自らが模範となるよう努めています。
私たちはお客様との協力のもと、より安全でクリーンな海事産業を
築き上げています。私たちはイノベーションをもたらす企業であり、
業界最先端の技術を取り入れて、お客様の海上リスクの軽減を実現します。
私たちは自らを信じ、チームとして共に取り組んで下さる皆様も、
安全で持続可能な海事業界の実現に向けて、正しい道を歩んでいく意志を
共有していると確信しています。私たちは、RightShipです

RightShipの理念

RightShipは海上リスク管理と環境分野の評価の分野において世界をリードする企業であり、ロンドン、メルボルン、そしてヒューストンに拠点を置いています。

Read More

弊社は予測分析能力を備えたオンライン・ベッティング・プラットフォームであるRightShip Qiと、自社ベッティング・チームが誇る海事産業での豊富な経験を組み合わせることにより、お客様のサプライチェーン上からサブスタンダード船(不適合船舶)を特定・除外してお客様の海上リスクの管理に貢献すると同時に、業界全体の安全水準の改善も実現しています。

RightShipのGHG (温室効果ガス)排出量レーティングは、低炭素社会へのシフトの重要性を反映し、これに対応するために海事業界で幅広く採用されており、個々の船舶の相対的なCO2排出量の測定・把握に活用されています。

GHGレーティングは、船舶の相対的なエネルギー/環境効率を比較するための体系的かつ透明性のある枠組みを提供するものであり、ユーザがCO2排出量と燃料コストをより抑えられる船舶を選べる状況を作り出しています。

RightShipはカーボンニュートラル企業であることを誇りとしており、2017年にリリースした排出量測定(Carbon Accounting)ツールでは、導入先となる企業・組織に自らの海事活動に関連する二酸化炭素排出量を測定・管理する能力をもたらしています。

拠点

RightShip Australasia
(オセアニア/アジア)

RightShip Americas
(米州)

RightShip Europe, Middle East & Africa
(欧州、中東、アフリカ)

経営陣紹介

マーティン・ クロフォード=ブラント

CEO(最高経営責任者)
Read Bio

2018年3月にCEOに就任したマーティンは、海事業界における20年以上にもおよぶ経験を携えて、RightShipの経営陣に迎え入れられました。

DNV GLでの前職では、過去10年にわたり世界各地で重要な役職を歴任し、同社における一大改革とサービス・イノベーションの導入を統括して、ビジネス構築を実現しながら、ステークホルダーとの関係にも付加価値をもたらすという業績を収めてきました。

機械工学と造船工学の学問を修了したマーティンは、船級協会の検査官・監査官として海事業界でのキャリアをスタートさせ、当時はトレーニングの一環として、クレーン付きばら積み貨物船の甲板や機関室で船上業務に携わっていますので、現場経験も持ち合わせています。

マーティンはそのキャリアを通して安全への取り組みを実行し、世界各地の船主や投資家をサポートする役割を担ってきました。それらの海事業界での経験に加え、優れたマネジメント・スキルと強いリーダーシップを活用して、業界における安全性と環境水準の向上というRightShipの使命を実現すべく、チームを先導していきます。

Show All

ウェイン・ブルメンタル

商業・戦略マネージャー
Read Bio

2007年にRightShipでの勤務を開始したウェインは、商業・戦略マネージャーとして営業や事業開発、戦略、マーケティング、グループの保険およびリスク管理を担当しています。ウェインの戦略プランニングは、2013年の豪州首相賞 年間最優秀輸出業者賞の受賞においても、その功績が認知されています。

ウェインはRightShipの既存船舶設計インデックスの開発・導入・推進、そして今や年間24億トン相当の船舶航行に影響を与えているGHG(温室効果ガス)排出量レーティングの開発と立ち上げにおいて中心的な役割を果たしたほか、多国籍展開をする保険会社との損害予測管理の導入にかかる3ヵ年プロジェクトの入札に際して、その獲得に向けての社内の動きを統括した実績も持っています。

また、世界各地のカンファレンスでリスクや環境レーティングについての講演を行ってきた中で、ギリシャやロンドン、日本、シンガポール、オーストラリアではビッグデータや安全、持続可能性をテーマにした基調講演にも登壇してきました。ウェインはそうした実績に加え、国連の海事組織であるIMO(国際海事機関)に豪州代表として出席した経験も有しています。2012年には、ビジネス・グリーン・リーダー賞の年間最優秀若手サステナビリティ経営者部門で、次点を獲得しています。

RightShipに入社するまでは、Marsh Australiaで新卒者育成プログラムを終えた後に、同社のリスク管理や、金融 & プロフェッショナル・サービス部門で経験を積んでおり、学位としては商学と経済学の学士、そして保険・リスク管理の修士号を取得しています。

デイビッド・ピール

欧州・中東・アフリカ マネージャー
Read Bio

2007年のRightShipロンドン・オフィス開設以来、デイビッドは欧州事業に目覚ましい成長と拡大をもたらし、現在は8名のベッティング監督官を統括しています。RightShip入社前にはGolar LNGで副ゼネラル・マネージャーを務めており、海上安全や品質を強みとし、安全管理システムの再認証やタンカーのベッティング、トレーニング、監査、船舶や港湾管理者のリスク評価などの分野で豊富な経験を有しています。また、2017年3月からはSSI(Sustainable Shipping Initiative:持続可能な船舶イニシアチブ )のディレクターにも任命されています。

デイビッドはISO 9000や国際安全管理コードの策定に携わったほか、P&Iクラブ(船主責任相互保険組合)をはじめとする様々な企業や業界団体、船主への安全・品質関連監査サービスのコンサルティングも行ってきました。P&Oの一般貨物部門でキャリアをスタートさせたデイビッドは、オフショア・プラットフォーム用補給船や海難救助船での一等航海士や船長としての経験もあります。

アヌジュ・チョープラ

米州副社長
Read Bio

海上・陸上の両業務で30年以上の海事経験を誇るアヌジュは、南北米大陸における事業開発の推進や顧客関係の発展、そしてベッティング・チームの主導を担うべく、2013年10月にRightShipに迎えられました。前職ではAnglo-Eastern (Houston) LLCの社長として、米国内に寄港するすべてのAnglo-Eastern管理船舶の運航責任を負っていたほか、リスクの評価・査定・削減の管理、顧客や用船者、石油メジャー各社、米国沿岸警備隊、P&I クラブ(船主責任相互保険組合)、各船籍国、船級協会との渉外にも対応していました。

甲板員見習いとして海事業界でのキャリアをスタートさせたアヌジュは船長にまで登りつめ、様々なタイプのタンカーやバルクキャリア、コンテナ船、旅客船などでの航海を経験してきました。船上での安全や環境管理システムを強みとするアヌジュは、監査官、訓練官、調査官を経て船舶管理者にまでステップアップし、タンカーやガスキャリア、バルクキャリア、重量物船、コンテナ船などの運航を統括してきました。また、アヌジュは英国航海研究所のフェローでもあり、同研究所の米国メキシコ湾沿岸支部の現支部長も務めているほか、NAMEPA(北米海事環境保護協会)の理事や、ヒューストン大工学部の諮問委員としても活躍しています。アヌジュはインド経営大学院にて英国連邦特別修士修了証書と、海運経営修士号を取得しています。

ヘイデン・ラッチフォード

オセアニア/アジア マネージャー
Read Bio

海上・陸上の両業務で合計35年の海事経験を誇るヘイデンは、2011年にタンカーの船舶検査/ベッティング監督官としてRightShipでの勤務を開始し、2018年にはオセアニア/アジア地区のベッティングおよび乾貨物船検査チームを統括する立場に昇進しています。

RightShip以前のキャリアでは、ASP Ship Managementで甲板部員から一等航海士へと成長を遂げ、さらには安全コーディネーターにまでなった後、Shell・BPの両社で海務監督を務めてきました。また、これらの役職と並行して、OCIMF(石油会社国際海事評議会)のSIRE(検船レポート共用制度)に基づく石油やガス、化学薬品タンカーの検船官としての20年の経験も有しています。

ヘイデンは応用科学(海事科学)のディプロマ・コースを修了しているほか、経営学士(海上管理・物流専攻)や外航船舶船長資格証書(Master Class 1 Certificate of Competency)も取得しています。

サラ・レズリー

財務部長 兼 会社秘書役
Read Bio

2003年からRightShipでの勤務を開始したサラは、財務部長 兼 会社秘書役として、グループの会計報告や予算立て・財務予測、税務、為替、給与支払い、コーポレート・ガバナンスを担当しているほか、メルボルン・オフィスのマネージャーも務めています。

サラは前職ではThomson Legal & Regulatoryの職業能力開発センターの商務マネージャーとして財務を担当しており、同社の顧客関係管理・会計システムの改善に際しての大規模プロジェクトでは、担当部門を代表する立場にありました。

公認会計士として20年以上の経験を有しているサラは、そのキャリアをPwCやClarke Greenwoods、Oglesby Hughes McPhailといった事務所に所属して、ビジネス・サービス分野での会計士としてスタートさせた後、企業内会計士の道へと進んでいきました。学位としては経営学士(会計専攻)を取得しているほか、オーストラリア・ニュージーランド勅許会計士協会の会員でもあります。

ジミー・レオン

石油船、ベッティング & 船舶検査マネージャー
Read Bio

ジミーはBHP Billiton/RightShipの石油、ガス、化学薬品船のベッティングおよび船舶検査をグローバルに統括しています。2001年までの数年間は、BHP Billitonで船舶/ターミナルの入出港許可担当およびタンカーやLPG、化学薬品船とオフショア船の船舶検査官として務めていましたが、同年のRightShip設立時からは弊社に在籍しています。

ジミーはNeptune Orient Linesでそのキャリアをスタートさせ、タンカーやバルクキャリア、一般貨物船、コンテナ船の機関長まで務めたほか、10年間にわたり米国船級協会の船級検査官としても活躍しました。その間は、既存船と新たに造船された石油・貨物船、それに石油掘削船や半潜水艇、アンカーハンドリング、曳船、居住用台船、補給船などのオフショア船の船級検査を担当していました。中国語(官話)を流暢に操るほか、OCIMF (石油会社国際海事評議会)のSIRE(検船レポート共用制度)に基づく石油船・ガス船・化学薬品船検査官でもあります。

ヘレン・ギブニー

マーケティング & コミュニケーション・マネージャー
Read Bio

マーケティングとコミュニケーションの分野で20年以上の経験を誇るヘレンは、2014年からRightShipに加わり、長期的な戦略と短期的な戦術の両面で、多岐にわたるマーケティングおよびコミュニケーションを統括しています。

RightShipに入社する前には、様々なサービス企業や機関でコンサルタントとして10年以上の月日を過ごしてきました。また、それ以前にはTourism Holdingsのマーケティング・マネージャーや宿泊施設協会の商取引マーケティング・マネージャー、Add+Impactの国際マーケティング・マネージャーを務めていました。

学位としては人文分野で学士号と大学院ディプロマ、そしてマーケティング修士号を取得しているほか、オーストラリア・マーケティング協会の準会員でもあり、同協会公認マーケティング士でもあります。

ケイト・キッド

人事マネージャー
Read Bio

2011年2月にRightShipに加わったケイトは、人事・採用分野全般における20年以上もの経験を携えて入社してくれました。RightShip社内で初めての人事専任担当であるケイトは、就任以来、社内の人事関連システムおよびプロセスの開発に継続的に取り組んでおり、現在では世界3ヵ所にあるRightShipの全拠点の配属・任命から人事業務全般までを管理しています。

ケイトはそのキャリアにおいて、豪州Marshall McAdamやCSFB(クレディ・スイス・ファースト・ボストン)ロンドン・オフィスで採用コンサルタントを務めたほか、Incitec Pivotでは上級人事アドバイザーとして活躍していました。学位としては、経営学士(人事・マーケティング専攻)を取得しています。

クリス・ファンバーガー

サステナビリティ・マネージャー
Read Bio

クリスは2014年からRightShipでの勤務を開始し、サステナビリティ・マネージャーとしてRightShipのGHG(温室効果ガス)排出量レーティングの継続的な開発を担当しています。GHGレーティングは76,000隻以上の船舶のCO2効率を瞬時に比較できるツールであり、現在ではすべての用船の5隻に1隻の割合で、選定時の指標としてGHGレーティングが利用されています。

クリスの職務内容は海事業界の様々な分野に及び、用船者や船舶管理者、金融機関、港湾当局と協力しながら、持続可能なかたちで運航する船舶に褒賞を与えるための枠組みやツールの開発をサポートしています。また、クリスはRightShipのAUSMEPA(豪州海事環境保護協会)とのパートナーシップの推進役でもあり、協会による「海事排出量ポータル」の開発資金のための2016年Google インパクトチャレンジ助成金獲得にも貢献したほか、RightShipがエコノミスト誌のオーシャン・イノベーションチャレンジ2015で次点を獲得した際にも重要な役割を果たしていました。

RightShipに加わる前には、官民両セクターで戦略プランニングや環境評価の業務に携わっていました。学位としては、環境科学学士のほか、経営学の大学院証書(サーティフィケート)を取得しています。

TONY HONEYBORNE

Senior Superintendent Dry Cargo Inspections
Read Bio

Tony’s 45 years of maritime experience commenced at age 16 as an Apprentice Deck Officer with Cunard Shipping Services in the UK.

Prior to his move to Australia in 1987, Tony gained seagoing experience aboard Bulk Carriers, Product Tankers, General Cargo, RoRo Containers, Fast Refrigerated Cargo and Passenger Vessels.

With shore experience as a Marine Surveyor, AMSA Surveyor, Port Manager with the Port of Melbourne Authority and Operations Manager with Western Bulk and Eitzen Bulk, Tony joined Rightship in early 2009.

Tony worked initially as a Vetting Superintendent but moved quickly into the dry inspections area where he was recently promoted to Senior Superintendent. Tony has a Master Class 1 Certificate of Competency and a higher Technical Diploma in Nautical Science.

ROBERT DE GRAAF

SENIOR MARITIME RISK MODELLER
Read Bio

Trained as an engineer, Robert became interested in statistics after early success applying to statistical methods to manufacturing engineering problems.

After completing a Master of Scientific Studies in Statistics at the University of New England, Robert moved to RightShip in 2013 and used his statistical know-how and industrial safety experience to redevelop the incumbent RightShip risk algorithm.

The decision tree model algorithm Robert developed enhanced the accuracy of the risk assessment in an explainable format, resulting in ease of adaptation for RightShip customers. It was successfully implemented as a core feature of RightShip’s maritime risk management platform, ‘RightShip Qi’, in late 2016.

In addition to ongoing retraining of RightShip’s predictive risk model, Robert also analyses data for various industry sectors – such as insurance – in order to develop specialised predictive models for RightShip customers.

コーポレート・ガバナンス

RightShipはBHP Billiton、Rio Tinto、Cargillの3社による均等出資により、共同所有されています。

RightShipは、ドライバルク船の安全および品質水準の改善と、グローバルな鉱物商品会社であるBHPとRio Tintoが有する船舶ベッティング分野の確かなノウハウの活用を目指して、2001年に設立されました。さらに、2006年には食品・農業およびリスク管理の世界的な企業であるCargillが均等出資のパートナーとして参加しています。

RightShipの日常的な業務の責任はCEOと経営陣が担っており、経営陣は株主により選出される6名体制の取締役会への報告義務を負っています。取締役会の会長は、この6名の取締役の間で2年毎の持ち回り制となっており、RightShipの現会長はピーター・マニオン(Rio Tinto)が務めています。

品質管理はRightShipの管理システムの中でも欠くことのできない要素であり、RightShipはDNV GLからISO 9001:2015およびISO/IEC 27001:2013の認証を取得済みです。

TRACE CERTIFICATION

COMMITMENT TO COMMERICAL TRANSPARENCY

RightShip is proud to be certified by TRACE, the world’s leading anti-bribery standard setting organisation. This signifies that RightShip has completed internationally accepted due diligence procedures and has been forthcoming and cooperative during the review process.

The successful completion of TRACE Certification demonstrates a commitment to commercial transparency, allowing RightShip to serve as a valued business partner to multinational companies.

詳細を見る

キャリア/採用情報

RightShipで働くということ

RightShipは従業員に対し、ダイナミックでプロフェッショナルな、それでいて実践的・現実的で落ち着いた環境の中で、同じような考えや姿勢を共有する同僚たちと働く機会を提供しています。お客様は質の高さとノウハウを求めており、当社は経験豊富な技術チームと、予測分析能力を有する自社開発のオンライン・ベッティング・プラットフォームであるRightShip Qiを活用することで、お客様からのご要望に応えています。

RightShipは目覚ましい成長期を経て、自社の将来に向けての長期的な視点からの投資を着実に実行していきます。

以下は、RightShipで働くということについての当社従業員からのコメントの一例です:

「RightShipで働いていること、そして会社が海事業界で成し遂げてきたことに誇りを持っていますし、幸運だとも感じています。皆の仕事が価値のあるものとして尊重されるという社風が確立していますし、これは経営陣のオープンな姿勢があるからこそ実現していることなんです。」

「RightShipでの労働環境はフレキシブルでサポート体制も整っているので、仕事と家族の時間のワーク・ライフ・バランスも、素晴らしいものが得られます。」

「素晴らしい人たちに囲まれて、やりがいのある仕事をする…しかもフレンドリーで、リラックスできる環境で。」

価値提案と手当

RightShipでは、従業員に優れた価値提案を提供しています。

私たちの働き方

RightShipは従業員と自社事業の長期的な成功を確かなものとすべく、常に努力を惜しみません。私たちはあらゆる場面で敬意と尊重、協力、誠実さ、そして高潔さを育むかたちで事業に取り組んでおり、特にお客様とのお取引や、従業員間の共同作業においては、この姿勢を重要視しています。

従業員手当

RightShipの従業員は、以下のような幅広い手当を受給・利用することができます:

  • 年次インセンティブ制度
  • 年次健康ライフスタイル手当(500豪ドル)
  • 従業員紹介プログラム(3,000豪ドル)
  • 無料のプライベート旅行保険
  • ワーク・ライフ・バランスの着実な実現
  • グローバル規模での配置転換

RightShipで
働きませんか?

RightShipでは、当社の価値観を共有できる、情熱と才能にあふれた人材を求めています。該当する方は、以下のフォームでご自身についてお聞かせください。

RightShipへのお問い合わせ

Have something to say? We’d love to hear from you.

Please complete all the fields in the form below and we will respond to your query promptly.